エコキュート01

現代はオール電化のリフォームを実践している人が増えており、毎日使用する給湯器の

代表的な商品の

エコキュートを導入したい

人が数多く存在します。

三菱やダイキンなどの人気メーカーの価格やスペックを知っておきたい人が多いです。

エコキュートは省エネで環境に優しいのが特徴ですが、

平均的な価格は60万円から、80万円前後

になっています。

高スペックで短時間でお湯が沸かせる商品が多いので、

ライフスタイルや家族構成に合った商品

を選んで下さい。

エコキュートの

取り付け工事の費用は10万円前後になっており、

配線工事を行う必要があるので、

別途で2万円から、4万円前後は必要です。

人気メーカーのエコキュートは自動湯張り機能や、追い炊き機能も搭載されているので、

快適に入浴ができますし、忙しい朝の時間でも

短時間でお湯が沸かせる

ので、幅広い年代の人に人気があります。

優良な専門業者を選ぶとお得な割引も受けられるので、一度スタッフに相談して下さい。

メーカーやスペックごとにエコキュートの価格を比較!どのエコキュートが最もコスパが良い?

エコキュート04

エコキュートのコスパはメーカーでも違いますが、

販売店によってもメーカーごとの本体価格は異なりますので、

利用するお店で最も安いメーカー

のものを購入すると

コストパフォーマンスに優れた

導入が可能となります。

エコキュートを選ぶにはスペックを選ぶのも非常に重要で、

その中でも

タンクの大きさについては最も重要

な項目です。

タンクの容量は家族の人数によっても異なります。

一般的に

タンクの容量が大きいタイプは価格が高く

なりがちですし、自動運転やその他便利な

機能が多いほうが値段は高い

傾向にあります。

しかし、少し前の製品など新品でも

販売されて時間が経っているもの

特価で購入することが出来る

ケースもありますので、価格比較サイトを利用して最もお得に購入できるタイプを買うのがおすすめです。

メーカーだけでなくスペックや価格も比較して、自分の欲しい機能がついているものでお得に買える製品を選ぶのがコスパを重視する方には最適です。

エコキュートの売れ筋製品を紹介!詳しいスペックやおすすめポイントも解説

エコキュート06

エコキュートを利用すると、夜間にタンクにお湯を沸かし、ためることができます。

そのお湯は、日中に利用することが可能です。おすすめポイントは、夜間に沸かすということで、リーズナブルなお値段で使用することがでます。

複数のメーカーから商品が発売されていますが、

売れ筋の商品

としては、

日立や三菱、ダイキンの製品

です。

日立のフルオート標準タンク370LBHP-F37RUは、

スペックとしては容量が370Lあり、追い炊き機能がついています。

三菱電機のフルオートダブル追いだき460LSRT-S463Uは、

タンク容量が460Lとなります。

ダイキンのフルオート370LEQ37TFVでは

追い炊き機能つきで、タンクの容量が370Lとなります。

スペックのおすすめポイントは、

三菱のフルオートダブル追い炊きは容量が460L

なので、多く使用することができます。

家族が多いご家庭では、量が多いほうが使用しやすいのではないでしょうか。

エコキュートにすると月々の電気代や年間の電気代はどのくらいになる?節約方法もご紹介!

エコキュート02

エコキュートはオール電化住宅に導入されている給湯システムで、

深夜早朝のお得な電気料金を利用してお湯を沸かし

タンクにためておくシステムですので電気料金の高い日中もリーズナブルな料金でお湯を使うことができるお得で便利な方式です。

エコキュートにする場合

一般的にはガス代はかからず

ガスでまかなっていた分も電気でまかなうことになりますが、

月々の電気代は安いのが特徴です。

エアコンを使わない春や秋などの時期では、IHクッキングヒーターなどを毎日使っても

月々の電気代は

7000円から8000円程度

に抑えることが出来ますので、年間電気代も安く抑えることができます。

エコキュートの節約方法は、夜間にお湯を沸かす設定にしておくと安心です。

お湯が足りなくなったときなどに深夜早朝以外でも湧き増しが出来るようになっていますが、深夜早朝の電気が安い時間に沸かしたほうが節約になりますので、お湯を沸かす時間の設定に注意すると良いでしょう。

エコキュート購入時は工事費もかかるので注意!工事費の相場や工事費込みの本当の価格をご紹介

エコキュート03

エコキュートは、深夜早朝のお得な電気料金でお湯を沸かしてためておくことができるコストパフォーマンスに優れた給湯システムです。

導入時のコストはガスに比べて高めですが、月々の光熱費が安くなるためオール電化住宅で人気があります。

購入時はエコキュートの給湯器を購入する費用だけでなく

工事費もかかります

ので注意が必要です。

最近は工事費込みの価格を提示しているところも多くなっており、工事費の相場がわかりにくくなりつつありますが、本当の価格は現在の給湯システムによっても異なります。

最小で10万円程度、最大で30万円程度

かかることを想定しておくと安心ですが、実際には工事業者によっても大きく費用は異なってきます。

工事費込みで20万程度で設置できる業者もありますので、

給湯器と工事費の内訳を確認してから依頼

すると安心です。

現在ガスの給湯システムを使っている場合には、

撤去費用などその分料金がかかることがありますので注意が必要です。

おすすめの記事