リフォームの費用、目安となるおよその相場はどれくらい?

トイレリフォーム12

住宅は築年数を経過すると、キッチンや洗面所、トイレなどの水回りが古くなってくるので、

専門業者に依頼して

リフォームをしたい人が増加

しています。

キッチンの場合はシステムキッチンを設置したり、

蛇口などを交換する必要があるので、

60万円から、100万円前後が必要

です。

洗面所やトイレなどの設備が古くなってきたので、

便座を交換したり、壁紙やクロスなどを交換すると、

どれぐらいの費用が目安なのか

知っておきたい人が多いです。

最新型の温水洗浄機付き便座や、タンクレスのトイレを設置したり、クロスや壁紙などを交換すると、

60万円から、80万円前後の費用

が必要になります。

平均的な相場が良くわからない人は、

複数の専門業者に見積もりをしてもらい、

平均的な相場のお店を選ぶと失敗が少ないです。

専門業者のスタッフが見積もりを表示してくれるので、金額に納得が出来たら契約書にサインをすると良いでしょう。

使用するシステムキッチンの素材や、トイレの種類によっても金額が変わってきます。

トイレリフォーム失敗しないためのポイントとは?

トイレリフォーム10

家の中で水回りはリフォームの対象となることが多いです。特にトイレは、汚れや傷みが気になる場所です。

そこでリフォームのプランを立てるのですが、

一番のポイントは、

数社に相見積もりを取る

ことです。

又住宅機器メーカーを訪れ、

便器の種類やクロス

床材を確認しておきます。

相見積もりを3社ほどで取れば

価格の比較もできますし予算も立てやすいです。

便器もタンク付きからタンクが無い一体型へと変わってきていますが、やはり価格はアップします。

デザインやカラーによっても雰囲気がガラリと変わります。

そしてリフォームを失敗しない為には、自分がどのようなものを求めているかを明確にすることです。

見た目なのか機能性なのか

何を重視するかです。

メーカーによっても特徴がありますから、しっかり比較して決定するのがベストです。

案外見落としがちなのが床材ですから、臭いを抑える耐久性のあるものを選びましょう。

リフォームを失敗しないためのポイントは、

時間をかけて準備することが大切です。

どんな業者がお得?トイレリフォーム業者の賢い選び方

トイレリフォーム13

トイレリフォーム業者を選ぶ

際にできるだけ賢い選び方をして、

お得に費用を抑えたいというのは私たち庶民にとって当然の願いです。

ではどういった業者が「お得な業者」になるのでしょうか?

実はリフォームをする際に「お得な業者」というのはありません。

私たち消費者が選ぶ際に

「お得になるように業者に譲歩させる」

のです。

具体的には

複数の業者から見積りを取る

と同時に他の業者の

見積もりももらっていることを伝えます

こうすることで業者は最初に提示された金額よりも安い費用で工事を請け負うことを提示してきます。

いわゆる値引き交渉ですね、パンフレットなどに記載されている金額はたいていこうした値引き交渉を前提に、

本来よりも高めの金額設定がされているので、

3社の中で一番安いからとサインしてしまうと結果的に高くついてしまう場合があります。

ただし最近ではこうした駆け引きを省くために最初からギリギリの金額を打ち出しているところもあります。

おすすめの記事